0737-82-3335受付時間 8:30~17:00(日祝除く) お見積り・ご相談

【第10回】金属3Dプリンターで造形する場合の価格は?

金属3Dプリンターでの製品製造を検討するにあたって、まずはどれくらいの価格になるのか、最も気になる部分かと思います。

一般論で申し上げますと、切削加工やプレス加工で実現できる製品は、金属3Dプリンターで作るとコスト高になることが多いです。

逆を言えば下記のような製品は、金属3Dプリンターで作ることでコストメリットが出る可能性があります。

 

 

①形状が複雑で、金型作成が必要だが、一品一様で小ロット生産が必要なもの

②微細形状・複雑形状のもの(ラティス構造など)

③水管など内部形状を持つもの

④複数部品の組み合わせ品の一体形状化

 

また、造形品のサイズによっては、一回の造形での複数個どりなども行うことによって、

切削品やプレス品の価格に近付けることはできます。加工難易度によっては、金属3Dプリンターで造形したほうが安い製品も出てきております。

 

3Dデータをお送りいただけましたら、24時間以内に見積の一次回答を実施しておりますので、まずは、ご相談ください。

 

ご相談・見積もり依頼はこちら